伊丹三樹彦著作『写俳亭の書写句文集 梅』

 三樹彦先生の表現意欲は留まる所を知らない。この間(二〇一五年十月)『写俳亭の書写句文集 蓮』を上梓されたと思ったら、今回は『写俳亭の書写句文集 梅』である(青群発行所、二〇一六年二月三日刊行)。さらに次の書写句文集を準備中と聞く。  今作も三樹彦さんの交遊録を写真と書で盛り上げている。じつに多くの俳友が出場す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田吉明句集『既視海峡』

 田吉さんが表記の句集を出された(霧工房、二〇一六年一月三十日刊行)。第四句集である。不用意に「句集」と書いたが、通常の意味での句集ではない。作品は、「題」と二句もしくは三句が一組を形成して一作品となる。だから、氏はこれを「組曲」と呼んでいる。重要部分を構成する「句」は必ずしも「俳句」の定義を厳密には守っていない。しかし、短い定型的「詩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹内葉子句集『青』七句鑑賞

「小熊座」所属の竹内葉子さんが句集『青』を上木された。2011年11月11日、ふらんす堂刊行。文庫本の大きさの手軽な句集だから、ポケット入れてどこにでも持って行きながら読める。 帯文は高野ムツオ主宰。次の一句とともに帯にある。    戦あるな家鴨水牛蝉しぐれ    同行したベトナムでの作。人間のみならず、生きとし生け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more