テーマ:藍生

高田正子句集『青麗』共鳴句抽出

 高田正子さんの第三句集『青麗(せいれい)』(平成26年11月、角川学芸出版編集)を鑑賞した。高田さんは「藍生」の重鎮で、俳人協会新人賞を貰っている実力者だ。実家(岐阜?)を仕舞い、父親に関東に移ってもらい、故郷は遠くなってしまった。その故郷への思いを『青麗』と言った。    ご自身の自選句は次の通り。    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒田杏子句集『銀河山河』共鳴句抽出

 黒田杏子「藍生」主宰が第六句集『銀河山河』を上梓された(角川学芸出版、平成25年12月)。  櫻行脚で知られている黒田さんだけに、櫻の句が多い。櫻には「櫻」の旧字体をあてて思いを表出している。著名人からごく普通の市井人まで、常に心を込めてお付合いする氏だから、人を詠んだ句も多出しているし、弔句も多い。読者が知っている人の名が出てくる…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more